新・足あと機能の実装は近い?! どんな内容か大胆予想

新・足あと機能の実装は近い?! どんな内容か大胆予想

11月3日に行われた巣の変更にともない、ポケソースの位置が全面的に移動したことに気づきましたか?では、ポケストップから遠かったソースが消え、ポケストップの周辺にソースが密集したことには…?

これはもしかしたら、すでにアメリカの一部地域で実験が行われている新・足あと機能(トラッカー)の実装が近いからかもしれません!

今回は、実験中の足あと機能を体験したアメリカ人たちが掲示板に書き込んだ評価をもとに、新しい足あと機能の内容、そしてその実装時期を大胆予想します。

icon20666_2

新しい足あと機能はどうなる?

 

良い評価

ポケストップが増える可能性

実験が行われているカリフォルニア州の小さな街には、ポケストップが非常に多いそうです。新しいトラッカーの導入前に、さらなるポケストップの拡充が予想されます。

 

800メートル先のポケモンも表示される

私たちが現在使っているトラッカーでは、半径200メートル以内に潜むポケモンが「かくれているポケモン」の9枠に表示されますが、被験者の感想によると、新しいトラッカーでは、半マイル先、つまり約800メートルも先のポケストップにいるポケモンが表示範囲に入るそうです。

11月3日のソース変更にともない、ポケモンの滞在時間が、今までの15分から2倍の30分に伸ばされましたのも、この新トラッカーとの関連なのかもしれません。

滞在時間が伸ばされたとはいえ800メートルはなかなかの距離なので、自転車で移動するのがいいという書き込みがありました。

 

悪い評価

ポケモンの表示が気まぐれ

表示できるポケモンの範囲が800メートル先まで拡張されたことで、実際に近くにいるポケモンの数が、「かくれているポケモン」の9枠を超えてしまう事態が起こっているそうです。

今週のキャンペーンで、野生ポケモンの数が2倍になっていますが、同じような現象が私たちのもとでもすでにきていますね。

被験者の感想によると、必ずしもより近くのポケモンから「かくれているポケモン」に表示されていくわけではなく、表示はランダムではないかと言われています。

となると、せっかく近くにいるレアポケモンに気づかない可能性が出てきてしまいます。

 

ポッポとコラッタの悲劇、再び…

レアポケモンが何かは、人によって違うもの。

例えば、ドガース。図鑑をコンプしていない人にとってはレアポケモンでも、コンプ者にとってはわざわざゲットしに行くまでもありません。

トラッカーは機械なので、表示するポケモンの優先順位を決められません。

そこで、多くの被験者が、「かくれているポケモン」の9枠に表示するポケモンの優先順位を、ユーザー各自が決めることのできる何らかの機能が必要だと主張しています。

例えば、表示する必要のないポケモンを指定する〝ブラックリスト〟。これはほとんどP-GOサーチに近くなってきますね。

寄せられたさまざまなアイデアのなかで、いちばん実装が現実的なのは、ポッポコラッタを「かくれているポケモン」の表示から完全にハズす案。

先日、2キロ卵から除外されてしまったポッポコラッタですが、新・足あと機能でも同じ憂き目に会う可能性が高くなってきました。

→2km卵から孵化するポケモン

さよなら、ポッポ、コラッタ...

さよなら、ポッポ、コラッタ…

 

実装時期予想

サーチ系アプリの消滅や、先日のソース移動、野生ポケモンの滞在時間の延長から、次回あたりのアップデートで実装が期待される新・足あと機能ですが、被験者たちの感想は、不満のほうが圧倒的に多いです。

実際の実装は、次回のアップデート時という訳にはいかないかもしれません。

 

参照元:https://www.reddit.com/r/TheSilphRoad/comments/5beoo4/impressions_after_a_day_with_the_tracker/

twitterでも攻略情報を更新中!フォローしてね。

ツイート

コメント

おすすめアプリ

感想・新しい情報、お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。