野生ポケモンの攻撃・ジャンプの規則性

野生ポケモンの攻撃・ジャンプの規則性

野生ポケモンをゲットするときに、ボールをはじかれたり、ジャンプで避けられたりすることがありますが、これらの動作には規則性があることがわかりました。

今回は、野生ポケモンの攻撃・ジャンプ・休息のタイミングとそれぞれの継続時間について、海外の攻略サイトを参考にしながら紹介します。

この法則を知っておくと、ポケモンのゲットがよりスムーズになること間違いなし!

cap22660_6.jpg

ポケモンが休息しているタイミングを狙おう

動作と動作のあいだには必ず0.77秒のインターバル

ポケモンの動作には、以下の3つがあります。

・じっとしている〝休息〟

cap22660_1.jpg

〝休息〟 ボールを投げるタイミング

・ボールをはじく〝攻撃〟

cap22660_2.jpg

〝攻撃〟 ゼニガメの場合はたいあたり

・ボールを避ける〝ジャンプ〟

cap22660_3.jpg

〝ジャンプ〟

ポケモンが連続で攻撃してくることもしばしばありますが、連続に見える動作と動作のあいだにも、必ず0.77秒のインターバルが存在することがわかりました。

休息・攻撃・ジャンプ それぞれの確率

海外のサイトがとった統計によると、0.77秒のインターバルのあとにとられる動作は、以下のような確率で振り分けられています。

・80%…さらなる休息(0.77秒間)

・10%…攻撃(2秒間)

・10%…ジャンプ(0.7〜2秒間。ポケモンごとに決まっている)

これらの動作は完全にランダムで決まります。

休息を見わけてボールを当てるコツ

ポケモンが休息するアニメーションは、1.54秒のサイクルで繰り返されています。この間、たいていのポケモンは左右にゆらゆらと揺れ動いていますね。

アーボラッタなど、尻尾のあるポケモンの動きは特にわかりやすいので、ここで例として取りあげましょう。ラッタ

これらのポケモンが1.54秒のあいだに行う動作は以下です。

①尻尾を左に振る(0.77秒)

②尻尾を右に振りなおして元の位置に戻す(0.77秒)

ただし、①の動作のあと、必ずしも②が行われるとは限りません。

上記の通り、①のあと、10%の確率で攻撃をするか、10%の確率でジャンプをしてくるのです。②の「尻尾がもとに戻る」が行われるのは80%の確率。

つまり、尻尾が右へ振りなおされるのを確認できた瞬間に投げれば、確実にボールをポケモンに当てることができるのです。

攻撃の長さは2秒間、ジャンプの長さはポケモンごとに違う

攻撃の長さは2秒間であり、これはすべてのポケモンに当てはまります。

一方、ジャンプの長さは、ポケモンによって異なります。

ジャンプ時間ポケモン
2.00秒プリン
1.60秒スターミー
1.50秒フシギソウ
1.40秒ポッポ
1.35秒ヒトデマンイーブイブースター
1.30秒ゲンガーコイキングサンダースオムナイト
1.25秒フシギバナヒトカゲカメールカメックスビードルオニスズメアーボライチュウニドラン♀ピッピピクシーキュウコンプクリンパラセクトコンパンペルシアンウインディユンゲラー