温度によって変わるPokémon GO Plus(ポケモンGOプラス)の電池消費量

温度によって変わるPokémon GO Plus(ポケモンGOプラス)の電池消費量

11/4から再販されたポケモンGO専用のデバイス「ポケモンGOプラス」ですが、すでに電池残量が減っている方もいるようです。

電池を取り換えている方もいるようですが、この電池消費のアイコン表示は気温によって変化することが分かりました!

本記事では温度によって変化する電池消費量についてまとめました。

電池残量

電池残量の表示

 

Pokémon GO Plus(ポケモンGOプラス)に使用する電池は?

ポケモンGOプラスではボタン電池「CR2032」が使用されています。

パナソニック CR2032

2032は直径20mm・高さ3.2mmを表しているので、電池を購入する際は忘れずに覚えておきましょう!

 

会社別による電池消費量の変化

同じCR2032型でも販売会社によって電池消費量が変化します。

その分値段も異なってくるので、ボタン電池を取り換える動作が面倒だと思う方は、100円均一のものではなく長持ちする電池の購入をおすすめします。

 

パナソニックの場合、-10℃と20℃を比較すると電圧だけではなく、継続時間も短くなっています。(パナソニック公式サイト情報より)

上記により、温度によってGOプラスの電池残量低下アイコンの表示・非表示を繰り返すようです。

 

温度による変化を検証!

アプリゲット攻略班が、温度による電池消費量の変化を検証しました。

 

検証方法

新品の電池と数日使用した電池の両方を使い、冷蔵庫に30分入れたあと、電池残量のアイコンを確認。

 

新品の電池を使った場合:低温のままでも問題なく動作可能でした。

数日使用した電池を使った場合:表示されていなかった電池残量低下のアイコンが表示されました。その後常温に戻ると電池残量低下のアイコンがなくなりました。

 

これから更に寒くなるので、体温調節はもちろん、ポケモンGOプラスの温度にも気を付けてポケモンGOを楽しみましょう!

 

その他ポケモンGOプラスで困っている方のために、以下の記事で原因と対策をまとめています。是非参考にしてください!

Pokémon GO Plus(ポケモンGOプラス) 調子が悪くなった時の原因と対策

 

 

 

 

twitterでも攻略情報を更新中!フォローしてね。

ツイート

コメント

おすすめアプリ

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。